2013年10月04日

美容外科クリニックで処方される脱毛治療薬

女性の薄毛はたいていの場合、何らかの原因で女性ホルモンが低下し、

脱毛因子であるDHTがそれを上回ってしまっている状態です。

美容外科クリニックでは、これら女性の薄毛治療でミノキシジルが処方されるケースが

ほとんどでした。

しかし、ここ最近、パントガール、パントスチンなどを処方する美容外科クリニックが増えてきているようです。

パントスチンについては「塗るプロペシア」などとも称されているようです。

※プロペシアは男性用の飲むAGA治療薬で、日本国内でも処方されています。

※プロペシアは女性は使用することが出来ません。

ざっと検索して調べてみたところ、以下の美容クリニックで取り扱っている様です。

聖心美容外科 http://www.biyougeka.com/

リゼクリニックレディース発毛外来 http://rize-hair.com/

あいこ皮フ科クリニック http://www.aiko-hifuka-clinic.com/

帯広中央クリニック  http://www.obihiro-chuoh-biyo.com/

青山エルクリニック http://www.aoyama-eluclinic.com/

あつぎ美容クリニック http://www.atsugi-biyou.com/


パントスチンやパントガールはクリニックで入手するか、オオサカ堂 などの個人輸入で入手が可能です。


プロペシアの様に内服薬では無く、頭皮に直接塗布する点は好感が持てます。



posted by パントスチン at 21:44| Comment(0) | パントスチン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。