2013年10月04日

女性の薄毛が急増?

女性の薄毛の悩みは奥深いです。

男性の薄毛とは比較しても、女性の脱毛に関する悩みは辛いものだと思います。

ただ、むかしと比べて、最近の女性に薄毛が増えているという記事を読みました。

確かに、私の周りの女性も薄毛で悩んでいる人はけっこう居ます。

テレビで見かける女優さんも、髪のボリュームが少ない方も見受けられます。

(最近の若い男性についてもそうですが。。)


インターネットの発達、食生活の変化、環境汚染物質、何かしらの影響により

ホルモンバランスが乱れているのでしょう。

そのため、DHTが優位に働き、脱毛化現象が起きていると思われます。

これは、遺伝的に感受性が高い人も居れば、低い人も居ます。

パントスチンの新しいアプローチとして、有効成分が女性ホルモンであり、

それを以ってDHTを抑制するところにあります。

プロペシアと方向性は同じですが、有効成分であるフィナステリドとは全く別のアプローチです。

男性の場合、プロペシア+ミノキシジル+リジン+DHTブロッカー、の組み合わせで対処

しているのをネット上で見かけますが、女性の場合だと、パントスチン+ミノキシジル+リジン+パントガール

って感じになるんですかね。


ラベル:女性 脱毛 薄毛 AGA
posted by パントスチン at 22:54| Comment(0) | パントスチン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。