2013年10月27日

パントガールとDHTブロッカー

薄毛治療の医療機関ではミノキシジル系の外用薬、パントスチンなどの内服薬が

処方されますが、これら以外にサプリメントも併せて処方されます。

女性の薄毛にはパントガールが有名です。

男性の薄毛には亜鉛やノコギリヤシなど、一まとめにしたDHTブロッカーが有名です。

それぞれの成分を比較してみました。

パントガール
<1カプセル中>
ビタミンB1(Vitamin B1(Thiamin)) 60mg
パントテン酸カルシウム(Calcium D-Pantothenate)60mg
薬用酵母(Vigar-yeast)100mg
L-シスチン(L-Cystine)20mg
ケラチン(Keratin)20mg
パラアミノ安息香酸(Para-aminobenzoic Acid)20mg

DHTブロッカー
(1粒中)
亜鉛(アルギン酸亜鉛由来) 10mg
セレン(イーストセレン由来) 100mcg
DHTブロッカー独自ブレンド 300mg
  ・フィトステロールコンプレックス(大豆)
  ・パンプキン種子エキス
  ・ケルセチンヒーショウウ(フォーチ)根12倍濃縮粉末エキス 100mg
クズ根エキス(イソフラボン17.5mg) 43.75mg
大豆エキス(イソフラボン2.5mg) 6.25mg
トマト粉末 2mg

女性用にはパントガールなんでしょうが、DHTブロッカーの成分も気になります。


パントスチン
posted by パントスチン at 08:43| Comment(0) | パントスチン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。