2013年11月04日

パントスチン、パントガール、女性用ロゲイン、それとグロースファクター

女性の薄毛治療として、美容外科ではパントスチン、パントガール、女性用ロゲインが主に処方されます。

最近では、再生医療技術を応用した毛髪再生治療まで扱うクリニックもあります。

グロースファクターと呼ばれる医療技術ですが、成長因子を頭皮に塗布し、ダーマスタンプと呼ばれる小さな針が付いた器具で頭皮に染み込ませるのだそうです。

パントスチンやロゲインとは異なり、成長因子を使用しています。

この成長因子とは、ヘアーコンプレックスという薬剤を使用しており、髪の成長に作用すると言われている
 ・KGF
 ・IGF
 ・HGF-1
 ・VEGF
 ・bFGF
が豊富に含まれているそうです。

他の薄毛治療薬と比べて格段に値が張ります。

日本では聖心美容外科がいち早く取り入れているみたいです。

再生医療といえば、歯が生えてきたり、皮膚が復活したり、みたいなイメージです。

髪の毛もこの調子でフサフサに出来ればいいですね。


posted by パントスチン at 16:58| Comment(0) | グロースファクター | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。