2013年11月02日

女性が使ってはいけない育毛剤

前回の記事にミノキシジルについて少し触れましたが、

育毛剤には女性が使用してはいけないものもあります。



それは男性用育毛剤で有名なプロペシアやフィンペシア、フィンカーなどです。

これらのフィナステリドが有効成分です。

フィナステリドを女性が使用する事は禁じられています。

絶対に使用しないでください。



では、ミノキシジルはどうか?

ミノキシジル単体であれば問題ありません。

しかし、最近の男性用育毛剤には、ミノキシジルと一緒にフィナステリドも配合されているものもあります。

従って、むやみに男性用育毛剤を使用する事は大変危険です。



パントガール、パントスチン、女性用ロゲインなどは、そもそも女性用薄毛治療薬としてリリースされていますので安心だと思います。




パントスチン




posted by パントスチン at 12:29| Comment(0) | パントスチン | 更新情報をチェックする

ミノキシジル or パントスチン ?

女性用の薄毛治療薬として、美容整形外科では、

・パントスチン

・パントガール

・女性用ロゲイン

が処方されることが多いです。



女性用ロゲインの有効成分は、男性用の薄毛治療薬でもおなじみミノキシジルです。

このミノキシジルは血管拡張作用の作用があります。

それだけでなく、VEGFという成長因子を誘導させ、血管新生の作用があります。




他の育毛剤でも血行を促進するタイプのものはたくさん世に出ていますが、死んでしまった毛根に対しては意味がありません。

育毛に必要なたんぱく質を毛根に送ることが出来ない状態の頭皮にいくら血行を促進しても無駄と言うわけです。

VEGFでは新しく生まれた毛細血管の供給ルートを増やすことで発毛する、というプロセスが推測されています。




これと比較してパントスチンの場合は、全く違ったアプローチになります。

有効成分のアルファトラジオールが毛髪の成長を阻害するDHT(ジヒドロテストステロン)の形成を抑制します。

異常脱毛は、何らかの原因で女性ホルモンが低下し、脱毛因子であるDHTがそれを上回ってしまっている状態です。

パントスチンはこの様な状態を防いでくれるそうです。




つまり、ミノキシジルが「発毛」を促進するのに対してパントスチンは「抜け毛」を防ぐ、といった感じでしょうか。

攻守共にがっちり固めるにしても、両方とも塗り薬なんだよね、、、



pantostin
posted by パントスチン at 04:01| Comment(0) | パントスチン | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

パントガールとDHTブロッカー

薄毛治療の医療機関ではミノキシジル系の外用薬、パントスチンなどの内服薬が

処方されますが、これら以外にサプリメントも併せて処方されます。

女性の薄毛にはパントガールが有名です。

男性の薄毛には亜鉛やノコギリヤシなど、一まとめにしたDHTブロッカーが有名です。

それぞれの成分を比較してみました。

パントガール
<1カプセル中>
ビタミンB1(Vitamin B1(Thiamin)) 60mg
パントテン酸カルシウム(Calcium D-Pantothenate)60mg
薬用酵母(Vigar-yeast)100mg
L-シスチン(L-Cystine)20mg
ケラチン(Keratin)20mg
パラアミノ安息香酸(Para-aminobenzoic Acid)20mg

DHTブロッカー
(1粒中)
亜鉛(アルギン酸亜鉛由来) 10mg
セレン(イーストセレン由来) 100mcg
DHTブロッカー独自ブレンド 300mg
  ・フィトステロールコンプレックス(大豆)
  ・パンプキン種子エキス
  ・ケルセチンヒーショウウ(フォーチ)根12倍濃縮粉末エキス 100mg
クズ根エキス(イソフラボン17.5mg) 43.75mg
大豆エキス(イソフラボン2.5mg) 6.25mg
トマト粉末 2mg

女性用にはパントガールなんでしょうが、DHTブロッカーの成分も気になります。


パントスチン
posted by パントスチン at 08:43| Comment(0) | パントスチン | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。