2013年10月16日

パントスチンの口コミ アメリカの某サイトより

以下、アメリカの某育毛関係のサイトよりパントスチンについての情報がありましたので翻訳しておきます。(つたない翻訳で申し訳ありません。)


質問:
私は何年もの間、ミノキシジルを使用していて

現在、非常に良くない結果である。

私は海外の皮膚科にアルファトラジオールに切り替えるように言われましたが

それはどのような効果がありますか?



回答:

アルファトラジオールはパントスチンとして知られていて、

女性型脱毛症の治療のためのミノキシジルと一緒にドイツで承認されています。

研究では、ロゲイン(ミノキシジル)を継続して使用すると毛髪密度と厚さを増やすことができますが、

アルファトラジオールは、脱毛の進行を減速または安定化させることができる。

アルファトラジオールがミノキシジルの実行可能な代替品であるということは研究で現れていません。

それは育毛治療の穏やかな補助かもしれません。

しかしながらアメリカではまだ利用できません。それを手に入れるのに苦労するかもしれません。


Legitimate Hair Loss Treatments
http://www.hairlosslearningcenter.org/hair-loss-news/hair-loss-article.asp?CopyID=907

posted by パントスチン at 07:50| Comment(0) | パントスチン | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

パントスチンは塗るプロペシア?

パントスチンはプロペシアの代替手段とも言われています。

しかも、服用薬タイプでは無く、塗るタイプになりますので

副作用もほとんど無いと言われています。

副作用といえばアルコール成分による、頭皮のかゆみや炎症、発疹が表れる程度と

大手美容外科クリニックにも書かれています。

ただ、内服では無いのでプロペシアと比べると効果は少し落ちる思います。

これは塗るタイプなので仕方ないところですが。。

ほかに女性用の育毛アイテムといえば、女性用ロゲインが昔からあります。

ロゲインはミノキシジル系の薬で、脱毛を防ぐというより、発毛を促進するタイプです。

女性用ロゲインで効果がなかった人でも、パントスチンは作用機序が違うので効果があるかもしれません。
posted by パントスチン at 21:43| Comment(0) | パントスチン | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

パントスチンとパントガールの併用

パントスチンは頭皮に塗布するタイプの育毛剤です。

パントガールは飲むタイプの内服薬です。

パントガールもパントスチンと同様、病院で処方されるケースが多いです。

成分は以下のとおり。

・ビタミンB1  60mg
・パントテン酸カルシウム 60mg
・薬用酵母 100mg
・L-シスチン 20mg
・ケラチン 20mg 
・パラアミノ安息香酸20mg

こちらは世界で唯一、女性の薄毛に効果が認められています。

パントスチンと同様にドイツの毛髪治療実験で、びまん性脱毛に効果が実証されたそうです。

予算に余裕があれば、パントスチンとパントガールを併用してみたいところですが

けっこうなお値段しますね。。
posted by パントスチン at 16:57| Comment(0) | パントスチン | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。